FC2ブログ
気楽に気ままに競馬予想。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年02月28日 (金) | 編集 |

(データは過去10年対象)


ミッキーアイルにビビッたか?
頭数は非常に寂しいものになってしまった。

勝ち馬に関しては概ね5番人気以内で決着している。
ただし1~3番人気はそれぞれ3勝・2勝・1勝と
個別の信頼度は高くない。
1~3番人気という括りで考えれば6勝なので、まずまずか?
2着馬になるともっと信頼できなくなる。
二桁人気が飛び込んだことも二度あるので注意!!
何となく5~6番人気の取捨が鍵になりそうな印象。

ステップはシンザン記念組が目立つんだけど
7頭馬券になってるのに、勝ち馬が出ていない。
朝日杯FS組もさほど有力ステップとは言えない。
それなら3勝しているクロッカスS組が気になる。
馬券になった3頭がそのまま優勝馬だから侮れない。
他には08年と11年に二頭が3着内に入った500万下組。
12年に二頭が馬券になったきさらぎ賞組なども。

脚質的には逃げ・先行がかなり優位!!
開幕週だけに前が止まらない傾向が強い。
枠も内枠が好成績で、特に2-3番枠は要チェック!!
内枠に先行馬が入ったなら、迷わず買った方が良い。
ただ外が不利という意味でもないので、そこは注意。
阪神外回りは基本的に外差しが利きやすいコースなんだし。
そこは無視するべきじゃないよね。

まあ今年はミッキーアイルと比べてどうなのか?
そこが馬券予想の肝だけど。




グッドスピリッツ

新馬戦は逃げて4馬身差の圧勝!!
スローに落として突き放す、典型的な逃げ競馬。
馬にも騎手にも、あれほど理想的で効率的な競馬はない。
2戦目は一転して中団より後方に位置して追い込んだ。
5着が精一杯だったけど、0.2差なら健闘したと言える。
相手はヤマノウィザードとワールドインパクトという
ディープ産駒だったんだからね。
距離が一気に4ハロン短縮されてどうかなんだけど
デュランダルなんだから、こなして当然の感もある。
問題なければ侮れないと思うな。

★★


マキャヴィティ

今のところ1400mで好走、マイルで大敗みたいな成績だけど
これがこの馬の本質なのかというと、まだ決めつけられない。
むしろ二ヶ月半開いたのがどうか?
芝替りに問題はない。




フェルメッツァ

期待されてるんだけど、結果が出ないねぇ。
半兄がフラガラッハというのも微妙な感じ。
ディープに武豊が乗って勝てないのはやばい!
どうやら末脚が爆発するタイプじゃないらしい。
上がり勝負になると厳しそう。
でもこの馬は母父がトニービンだから、距離が延びた方が良い。
もっと長いところを使った方が良いんじゃないかな?
ここ二戦の1400mなんて、ディープにも短いんだし。
前走は重馬場も応えたかな?
1ハロンでも延びるのは多少プラスだと思うけど
ちょっと強調できないものはある。
今回は前に行く馬が強力だしねぇ。
実績有る絶好枠に当たって、どこまでやれるか?

★☆


グランフィデリオ

なんか聞いたことあるなぁと思ったら
この馬例の、直線止まりかけてまた走り出して勝っちゃったという
船橋の歴史に残るだろう珍プレー馬だった。
地方馬かと思ったら、栗東所属のJRA馬だったのね。
ダートの方がいいような気はする。


タガノブルグ

去年注目を集めたヨハネスブルグの産駒。
なんかあっという間に熱は冷めちゃった印象だけど。
実績有るステップだし、鞍上も絶好調の川田。
これは黙って買った方が良いと思う。
距離がどうかだけど、多分大丈夫。

★★


タガノグランパ

10頭しかエントリーしないのに、タガノ軍団二頭出し。
しかも仲良く隣同士に並んだ。
新馬戦を除いて3戦上がり最速と末脚は確実。
メンバーの楽だった前走は、当然のように楽勝して見せた。
ここでも上位候補だけど、追い切りで遅れたなんて話しも。
それがちょっと気になってるかな。

★☆


アドマイヤメテオ

新馬戦で素質馬ヤマノフェアリーを退けた。
時計も1:33.8となかなか優秀。
ただ続く前走が案外で、評価は難しい。
府中が合わなかったとも言えるけど、どうだろ?
ここで好走する余地はある。

★☆


レッドルシファー

前走は重馬場がネックだったかな。
ディープ、レッド軍団、矢作調教師とパッケージは良い。
良馬場で改めてどこまで。

★☆


エイシンブルズアイ

今回ミッキーアイルの対抗はこの馬。
多分逃げるミッキーアイルの後ろに付けるはず。
後は直線躱せるか、突き放されるかだけ。
相手は57kg背負ってるから、付け入る隙はある。
競馬の巧さならこっちが上の印象もあるし。
相手の脚色が鈍れば、逆転があっても驚かない。
福永の騎乗停止がちょっと残念だね。

★★☆


ミッキーアイル

この頭数とメンバーで、紛れがあるとも思えないけど
この馬が圧勝するかといえば、そうとも言い切れない。
確かにスピード能力は世代屈指のものがあるんだけど
スピード能力頼りの競馬は、お世辞にも競馬が上手いとは言えない。
一方対抗馬エイシンブルズアイは競馬の巧さを感じる上に
末脚も確かなものを持っている。
この馬の後ろでじっと脚を溜めているのは間違いなく
今回は57kgを背負うのもあり、脚色が鈍ったら危うい。
浜中も殊の外慎重な騎乗を要求されそう。
大外は10頭立てだし、特に不利でもない。
前走も外だったし。

★★☆





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本命はミッキーアイルで仕方ないでしょ。
対抗に逆転含みでエイシンブルズアイを。
個人的には、タガノブルググッドスピリッツに期待してます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

*****************************

◎ミッキーアイル
○エイシンブルズアイ
▲タガノブルグ
△グッドスピリッツ
△タガノグランパ
×アドマイヤメテオ


*****************************



ぽちっと押して下さい!!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。