気楽に気ままに競馬予想。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年11月09日 (土) | 編集 |

G1は一週お休みして、このレースから7連戦で
有馬記念までG1三昧でございます!!
うーむ楽しいような、名残惜しいような・・・。
何にしろまごついてるとあっという間に終わるね。
7連敗なんて事がないように、しっかり獲りましょう!!

まずステップだけど、秋華賞と府中牝馬Sがメイン。
一頭も絡まなかったのは04年と05年だけで
この年は秋天で牡馬と戦った馬が強さを見せた。
出てくれば有力なんだけど、今年は登録がない。
特に秋華賞の1~3着馬はかなりの高確率なんだけど
今年は勝ち馬しか出てこないので、黙って買いましょう!
府中牝馬も基本は上位馬(5着以内)がメイン。
11年に14着だった馬が3着に食い込んだけど
この馬はアパパネだから、そもそも能力が違う。
京都大賞典で牡馬と走った馬も、注意は必要だね。
凡走してても牝馬相手ならまた違ってくるから。
因みに過去10年馬券になった30頭のうち29頭は前走重賞。
重馬場で波乱があった去年の3着馬だけが条件戦だった。
女王決定戦と言われてるレースなんだから
基本的にはそれなりの実績を持ってないと、資格はないと思う。
だから去年のように特殊な状況でもなければ
前走条件戦の馬にチャンスは無いと考えるべき。

年齢別の入着数は3歳10頭、4歳10頭、5歳8頭と
3世代がほぼ互角の三つ巴。
勝ち数で言えば3歳5勝、4歳3勝、5歳2勝。
やはり秋華賞で好走した馬がそのままの勢いで出てくる
3歳世代にアドバンテージがある。
斤量で2kg軽いのもかなり有利。
3歳も秋になれば古馬と能力的に遜色ないしね。
そもそも世代の覇権争いで上位を勝ち取った馬たちなんだから
古馬相手とはいえ、そうそう無様な競馬はできない。
ただし3歳馬が秋華賞を目標にしていたのも事実で
出来に関して言えば秋華賞がピークと考えるべき。
古馬がここを目標に仕上げてくるのを考えると、過信は禁物。
まずは3歳馬の取捨をしてから、古馬を検討しましょう。

人気で言えば1-2番人気はかなり信頼できる。
特に2番人気は過去10年で8回馬券になっており
信頼度はかなりのものがある。
因みに絡まなかったのは二桁人気同士で決着した09年と
重馬場に悪化した去年で、特殊な状況だった。
1番人気も現在6年連続で馬券になっている。
1-2番人気に比べて3番人気の成績が酷い!
馬券になったのは07年2着だけという有様。
4番人気が6回馬券になっているので、余計に目立つ。
これをたまたまと言うには無理がある。
二桁人気に関しては09年連対した以外は03年3着だけで
よほど実績で気になる馬でもいなければ、無視して構わない。
ただし、前走牡馬と走ってる馬は注意した方がいいかも。
特に牡馬相手が苦手な馬は牝馬同士に戻って巻き返す可能性はある。
基本的には25頭が1~5番人気なので、堅いレース。
3番人気の取捨にはちょっと悩みそうだね。
基本的には実績があるから3番人気なんだし
3番人気だから走らないなんて保証はどこにもない。





オールザットジャズ

今回角居厩舎は大挙4頭出しで攻めてきたけど
中でも密かに期待を集めているのがこの馬。
どうも今回の注意馬は、この馬になるような気がする。
まあ指示がそれぞれ違っていたと言うけど
デニムを後ろから追って躱すと楽に先着して見せた。
追い切りで大事なのはタイムより動きなので
この先着にはやはり意味があるような気がする。
鞍上がバルザローナというのが、まだ信頼できないね。
荒削りでどうも安定感に欠ける。
でも何かを起こすとすれば、この馬の可能性は高い。
一番枠に入ったのも何となく不気味だし。
ただし凡走してもおかしくない。

★☆


ディアデラマドレ

確かにここ二戦は強い勝ち方をしてるんだけど
古馬に混じってのG1は厳しいと思うな。
良血だし、非凡なものはあると思う。
とりあえず来年重賞勝ってからだね。


メイショウマンボ

オークス、秋華賞の二冠馬。
僕も人気薄で勝ったオークス馬は信用ならないだの
幸四郎じゃ二冠は獲らないだのと、失礼しまくったけど
もうそんな先入観は吹き飛んでしまったな。
他の馬に乗った幸四郎はあまり信用してないけど
この馬に限れば名コンビだね。
京都で(3.1.0.0)の京都巧者は間違いないし
オークスの圧勝を考えると、外回りになって
直線が伸びるのは間違いなく良いと思う。
ここで凡走するのは考えにくいね。
もちろん調教過程は大事だけど、仕上げに問題なければ
頭で狙ってもいいくらい。
ただし圧倒的優位かといえば、そうでもない。
デニムも前走より条件は良くなるし、ヴィルシーナは
ジェンティルと互角に走ってた唯一の牝馬だし。
何よりこの馬は秋華賞が目標で、どうしても状態は落ちる。
陣営のコメントからもそれは感じられるしね。
幸四郎はまだこの馬で一番人気になったことはないから
変に気負わなければいいけどね。
そもそもG1で一番人気自体、経験有るのか?って感じだし。
万が一コケても不思議ではない。

★★☆


ミッドサマーフェア

前走10着も着差は0.3と僅差なんだけど
一連の成績を考えると、ちょっと厳しいかな。
さすがの福永も、これを持ってくるのはね。
京都は秋華賞の11着があるだけだし
そもそも関西での競馬が得意とも思えないし
ここでいきなり走るとは思えない。



ホエールキャプチャ

前走で主要ステップの府中牝馬を快勝して見せたけど
あれはこの馬に勝つ条件が揃っていた。
僕は4番人気したのが信じられなかったもの。
もちろん美味しく馬券を頂きました!!
今回は得意と言えない京都に替わるのもそうなんだけど
何より56kgを背負うのは大きくマイナス。
この馬は56kg以上を背負って好走した実績がない。
一時成績が低迷してたのは、体調によるものだと言われてるけど
僕はそれより斤量が大きいような気がするけどね。
その証拠に55kgに戻った上に得意の府中マイルだった
ヴィクトリアMでは、あわやの2着に飛び込んだでしょ!
あれは突然復調した訳じゃなくて、条件が戻っただけ。
つまりあの2着は当然の結果だった。
前走府中牝馬も勝つのは分かってました。
もの凄く判りやすいと言えば、その通りなんだけど。
馬券予想には有り難いね。
加えてこの馬には距離への不安もある。
状態の良さをやたら強調してるのも、却って疑いたくなる。
前走を考えると買いたくなるけど、罠馬要素満載。
個人的には切ってもいいと思う。

★☆


ハナズゴール

この馬がねぇ、どうにも今回気になるのよ。
以前なら2200mは長いと思うんだろうけど
オールカマーで6着(0.3)と、好走してるからね。
牡馬に混じってこれだけ出来たんだから
長いと考えるのは早計かも知れない。
血統的には明らかに長いんだけどね。
ただ前走牝馬同士のレースで9着と凡走してるし
どうにも馬券的な信頼が置けない馬ではある。
能力が高いのは間違いないんだけどねぇ。
個人的には秋天を勝ったジャスタウェイとイメージが被る。
能力は高く嵌れば強いんだけど、アテに出来ない。
爆発的な末脚を持ってるのも似てるよね。
そして今回距離的に不安視されてるのも同じ。
武豊がマジック炸裂!なら、あっと驚く結末もあるか!?
正直全盛期ほどのオーラは感じないけどね。
ただ「ここで100勝かぁ!!」てなサプライズはあっていい。
雨が得意な印象はないけど、それは走ってないから。
稍重で凡走した事が一度あるけど、それだけで判断するのは早計。
切れ味勝負の馬でも、関係なく飛んでくる馬はいるもの。
馬体重がもう少しあればとは思うけど。
この馬、ムラがあるというよりは、たまに激走するが正しい。
いつ走るか分からないんだから、気になるなら買うべき。
今回ちょっと重視してみようかな?

★★


アロマティコ

相変わらず複勝率は高く、堅実に走る印象がある。
ヴィクトリアMも着順は10着だけど
着差は(0.5)と崩れていない。
追い込みの馬でここまで安定して上位に来るんだから
能力が高い証拠で、末脚も確実。
ジェンティル世代の秋華賞で3着したのはダテじゃないな。
前走も7着だけど(0.3)しか離されてないし
(1.1.2.1)と相性の良い京都なら、馬券になっても良い。
前走府中牝馬で一番人気に推された馬だからね。
それだけ期待が高いのも事実。
後ろからの馬だし、屋根も微妙ではあるんだけど
外回りなら追い込みも利くだろうし、侮れない存在。
展開次第の部分は確かにあるけど。
もし今回福永だったら、かなり恐かったね。

★☆


マルセリーナ

なかなか結果が出ないんだけど
前走府中牝馬も7着だけど着差は(0.3)だからね。
ちゃんと32秒台で上がってるし、能力は衰えてない。
もう一歩何かが足りないんだな。
それを運で片付けてしまうと、違うような気がする。
位置取りなのか、鞍上なのか。
あと一つ何かが足りない印象。
今回デムーロの騎乗が、その一つかも知れない。
ここでも強くは推せないけど、走って欲しいね。
ちょっと距離は長い印象があるけど。
とりあえず追い切りは良い感じで動いてたらしい。
もし勝ったとしても驚くことはないな。
れっきとした桜花賞馬だからね。

★☆


ヴィルシーナ

京都大賞典で苦手の牡馬相手に8着と予想通りだったけど
そもそもハナに立つ競馬はこの馬の競馬じゃないし
後続が早めに動いたことで、更にペースが狂った。
それでも着差は(0.6)と負けたと言うほど負けてない。
休養明けを牡馬相手に差のない競馬出来たんだから
叩き2走目で牝馬限定に戻るのは、かなりのプラス!!
馬体重も+16kgとやはり牝馬で10kg以上増えるのは厳しい。
例え成長分だとしてもね。
ただし今回体重が変わって無くても、それは大丈夫!!
時間掛けて調整してきたし、負荷も掛けた上の維持だから。
去年は斤量の恩恵があったにしろ2着してるし
良馬場なら間違いなく圧勝してたと断言できる。
何せジェンティルドンナと接戦してきたんだから
能力に疑問なんか有るはずがない。
そもそも現役牝馬では間違いなく上位に位置してる馬。
3歳馬が秋華賞でメイチだったのに比べて
この馬はここを目標に仕上げられたという強みもある。
ただちょっと嫌なデータがあることはある。
ヴィクトリアMで馬券になった馬は、ここにリンクしない。
今年勝っているだけに、気になるのは確か。
両レース制覇が無いというのは、そもそも参戦数が少ないから。
ウォッカやブエナビスタは秋天に向かったしね。
それにヴィクトリアMは今年でまだ8回目だし。
まあ去年好走してるんだから、問題無いとは思うけどね。
人気が2番人気になるか、3番人気になるかだな。
データ的には天国と地獄だからね。
56kgは安田記念で背負って(0.5)差で走ってるので
牝馬相手の定量戦なら、何の問題もないはず。
鞍上がジェンティルを降ろされた岩田というのも面白いね。
強い世代のトップ二頭に乗れるんだから、恵まれてる。
ちょっと前走制御できなかったのが、気にはなるけど
今回はこの馬も落ち着いてレースするでしょ。
枠も良いところに入ったし、逃げ馬もいることだしね。
3歳馬に強力なのがいるけど、ここは勝ち負け!!

★★☆


エディン

今回はこの馬がハナを獲るんだろうな。
ヴィルシーナにとっては、かなり有り難い存在だね。
昇級したてで56kg背負わされるのは可哀想だけど
できれば良いペースを作って欲しい。


タガノイノセンス

出番は考えにくい。


セレブリティモデル

上に同じ。


レインボーダリア

去年の勝ち馬。
去年は馬場の悪化が味方したんだけど、その後が案外。
どうにも成績が上がってこない。
ただ今回も当日は雨予報なので、条件は良い。
ただ雨が降ったからって好走するってものでもない。
去年は重賞で続けて4着してたりして、好走の予感はあったもの。
今年は凡走続きでの臨戦だけに、強調はできない。




デニムアンドルビー

一番人気の秋華賞は4着だったけど
そもそも京都内回りは合わないって言われてたからね。
期待が大きかったから一番人気したけど
あの結果は「やっばりね」って感じだったな。
それでも勝ち馬とは(0.2)差だし、2-3着馬とはタイム差無し。
むしろ外回りのエリ女は巻き返すという確信も持てた。
後ろから行く馬だけに届かない競馬もあるけど
この馬は直線一気じゃなくて、ある程度捲れるからね。
しかも鞍上はそういう競馬が得意な内田でもある。
ある程度上がれたなら、まとめて差しきる脚はある。
ここなら逆転まであってもおかしくない。
初の古馬相手も、さほど気にはならないね。
それだけの馬だと思うし。
内田も外回りなら言い訳は利かないな。
ここで勝てなければ、降ろされても仕方ない。
それくらいの覚悟で乗るはず。
イメージ的にこの舞台がピッタリの印象はある。
逆転まであっておかしくないんだけど、不安もある。
最終追い切りで牝馬に遅れたのは、かなり不安だね。
相手が動いたなんてのは、言い訳にしか聞こえないし。
この馬も仕上げは秋華賞がメイチだったはずで
状態に関してはちょっと疑問符が付いた。
ただ道悪得意で雨次第ではこの馬に味方するかも。

★★


スピードリッパー

叩き2走目で状態は上がってくるか?
重賞で好走した実績もあるけど、あまり気にならないね。
距離的にもちょっと長い印象はあるし。


セキショウ

重賞でも着差を見れば崩れてないけど
この舞台はさすがに厳しい。


トーセンアルニカ

近走調子がいいのは確かだね。
これが府中なら、★一つくらいは付けたかも?
道悪は前走不良馬場を勝ってるので問題ないけど
それを味方に付けられるだけの実力は、どうだろう?


ラキシス

キズナと同じ配合ってことで、穴人気してるらしい。
確かに前走は同舞台をなかなか強い競馬だった。
予定通り進めて、キッチリ勝った感じ。
着差以上の余裕を感じたね。
連勝してるし鞍上も川田ってことで、期待するんだろうけど
まだここで好走するほどの格にはなってない感じ。
来年主役を張れたらいいね。






+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

注目されてるのはメイショウマンボだけど
ここは強いと信じるヴィルシーナを本命に推す!!
ジェンティルがいなければ3冠確実だったのはこの馬。
確かに去年の当レースを見ても運の悪さを感じるけど
再度ジェンティルの居ない舞台なら、勝たなきゃならない。
牝馬2大レースを制覇すれば、史上初の快挙!!
ジェンティルに臆することなく、堂々名牝を名乗れるはず。
牝馬相手に無様な競馬は出来ない。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

**********************************

◎ヴィルシーナ
○メイショウマンボ
▲デニムアンドルビー
△ハナズゴール
△オールザットジャズ
△アロマティコ
×マルセリーナ


**********************************



ぽちっと押して下さい!!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。